夜空にうかぶ月が、細い三日月になったり、まん丸い満月に
なったりするのはだれでも知っていますね。

これは、月が地球のまわりを公転しているからです。

およそ27.3日で地球のまわりを一回りします。

そもそも、月は自分の力で光っているのではありません。
月は太陽の光があたって光っているように見えるのです。

だから、月に光が当たっている部分が半分しか
見えないときは半月になり、光が当たっている部分が
全部見えているときは満月になるのです。


つきが地球と太陽の間に入ったときは「新月(しんげつ)」と言って、
地球から見ると月は真っ暗で見えなくなります。