夕方、太陽がしずんだあとに空がオレンジ色になったり、赤っぽくなったりするのをだれでも見たことがあると思います。
そう、「夕焼け」ですね。
これも、太陽からの光が関係して起こっている現象なのです。

私たちが物を見て、色をはんだんしたりできるのは、光のおかげです。
晴れた日の昼間は空が青いですね。
あれは、太陽からの青い光が地球の空気にぶつかって、いろんな方向に飛び散っていっているのです。
人間はそれを見るので、空が青いと感じるのです。

ではなぜ、ふだん青く見えている空が、夕方になると赤くなるのか。
それは、光が空気をすすむきょりが関係しています。
昼間よりも夕方のほうが、太陽からの光が地球にとどいてからのきょりが長くなるのです。
そのため、青い光は私たちの目にとどくまでに飛び散ってなくなってしまいます。
結果として、赤に近い色がのこって私たちの目に入ってくる、というわけです。